Revivalplan

Welcome to our homepage
 075-925-8989
お問い合わせ

最新の投稿

2021 / 03 / 31  12:00

明日から総額表示義務化スタート

あすから、商品サービスなどの総額表示義務化が始まる。従来のような税抜き価格だけの表示はできなくなる。消費者が最終的に支払う税込価格表示をしなければいけなくなる。店舗での表示のみならず、ホームページやチラシなども当然修正が必要。事業者間や口頭は対象外のようだが、国税庁ホームページや顧問税理士などとも確認をおすすめしたい。さまざまな媒体やツールの洗いだしを行い、抜け落ちがないか今一度確認をしておこう

2021 / 03 / 30  13:00

どうして行政不祥事が続くのか

厚労省の高齢者福祉担当部署職員による深夜までの歓送別会実施が判明した。飲食店時短要請中に3時間終了時間延長して、大人数で会食していた。部署は異なれど、コロナ自粛生活のまさに旗振り役の省庁が実施した意味合いは他の不祥事とは次元が異なる。指導監督の説得力がもたなくなる。組織に与える影響は大きく、民間企業ならば相当重い処分である。国民のためにという公務員としての使命が組織の見えない力に飲み込まれていくのかもしれない。対象者個人は当然だが部署責任者の罪は重い。民間企業で管理者に求められる結果責任やコミットメントが弱いのではないか。責任者個人での絶大な権限や良い結果に対する好評価はあるが、クレームやミスに対する指導責任が民間企業に比べて弱いように見える。リスクに対する当事者意識を今一度考えていただきたい。同じ省庁だけでなく、頑張っている公務員に対する影響を与えるとは思わないのだろうか。公衆に奉仕する公僕としての公務員には管理者も含め、道徳や倫理教育やボランティアがいま一度必要なのかもしれない

2021 / 03 / 27  08:00

外部監視社会がやってきている

データ改ざん、パワハラ、粉飾決算、法令違反、公的支援金不正受給など企業不祥事は刑事事件化されるほどメディアで大きく取り上げられても依然発生しています。長年不正は把握していながらも発表されず、結果として企業イメージ失墜や最悪倒産に至るような事例も生まれております。いまだにネガティブ情報が公開しづらい社会であることから情報公開後進国であることを認めざるを得ません。しかしながら近年ではコロナを通じて以前の価値観が徐々に変貌し始めております。繰り返しますが五輪委員会差別発言に伴うトップ辞任、聖火ランナー辞退など世論の意見や勇気ある個人の主張が行われ企業や組織における外部監視の流れが徐々に進んでおります。倫理観もビジネスリスクになる時代となってきました。コストだけでなく人権や倫理なども経営課題の重要な要素です。SNSなどソーシャルメディアが一般化した今、業務や財務改善など内部要素だけでなく、経営に影響を及ぼす可能性のある外部監視も意識していかねばならなくなるでしょう

2021 / 03 / 24  10:00

ビジネスリスクを優先する社会になってくる

通信会社による個人情報問題が連日話題にのぼる。利用者の会話内容や個人情報などの一部が中国の外部委託会社にアクセスできる状態になっていた。AIなどで先行する中国から利用者情報の公開によるサービスや技術提案を期待していたようだ。従来から個人情報流出ニュースはあったが、今回は情報流出があったわけでなく、法律施行前で第3国のデータ移転は認められているなかである適法であり、ビジネスリスクの先読みで着手した意味は大きい。いまや行政サービスにも利用される国内最大の利用者がいる大企業が将来を見据えた行動を起こすのは珍しい。国際的な流れを鑑み、民間データの行政提出を実施されうる中国企業との結び付きは今後はリスクが大きいと感じた。追随する企業は出るだろう。コストよりも技術移転やビッグデータなどセキュリティーが優先されていき、人権や倫理を重視するある意味欧米化思考にすすむきっかけにはなる。五輪会長の差別発言による交代など国内論理では通用しなくなる国際協調の幕開けがやってきたのだろう。企業を取り囲む多くのビジネスリスクを敏感に感じとる体制や仕組みを社内にもっておくことが大事になってくる

2021 / 03 / 19  15:00

事業再生に金融機関が重要な役割を果たしていく

前回補助金申請窓口として認定機関の一部に不穏な動きがあることをお伝えしたが、金融機関も認定機関になっている。今後は金融機関が補助金を利用した事業改革の中心的役割をはたしていくことになる。インキュベーションオフィス設置や自ら提携パートナーとの新規事業開発など事業再生支援の動きが始まっている。融資をうけている企業は内部事情も知り得る最高のパートナーであるし、追加融資も実行可能性がある。なによりも安心感がある。申請にはまずは金融機関に相談することをおすすめするが、相談が殺到している場合もあるため、検討の場合は早めに動いた方がいい

1 2
2021.06.20 Sunday