Revival plan

Welcome to our homepage
 075-925-8989
お問い合わせ

最新の投稿

2020-10-30 09:00:00

法人営業改革の必要性について

テレワークで営業が苦戦を強いられている。得意先担当者や責任者が出勤交代制でつかまらない、オフィス不在、テレアポ難易度アップ、ヒアリングができない、DM開封率や決済スピード低下、営業部門内での情報共有や教育の迷走、進行中・検討中の案件が中断・延期、発注マインドが慎重である、感染対策で商談時間が短いなど、営業環境は全体的に厳しい。会社にいないで、得意先に行って受注とってこいと上司は軽々にも言えず、行動や精神論強調の姿勢だけでは厳しく、部下に提案指導、web会議利用サポートなど営業改革が必要になるだろう。高額および無形商材は特に難易度が上がる。理系の営業管理職が増えても不思議ではない

2021.09.19 Sunday